車両保険って何?

車両保険とは、どのようなものでしょうか?ここでは、意外と知らない車両保険と保険料の関係について詳しく説明したいと思います。車両保険は、その名前の通り車の損害を補償する保険です。では、どのようなケースで車両保険が役立ってくれるのでしょうか?

<車両保険を付けておきたい方>

これ以外の場合、例えば中古で安い車に乗っていて、あまり修理のことは気にしていないという方は、車両保険をつけることで「保険料が割高」に感じる可能性があります。反対に、高級車にのっている方は事故でパーツの修理だけで多くの費用が必要となります。このような場合、車両保険に入っていれば安心と言えるでしょう。ただ、高級車の場合はその分、保険料が高く設定されるので注意が必要です。

車両保険って本当に必要なの?

車両保険は、修理するリスクがなければ必ずしも必要な保険とは言えません。どちらかと言えば、事故で相手に損害を与える「自賠責保険」の方に比重を置くべきと言えます。仮に、車両保険をかけていて事故を起こした場合、保険の等級が下がってしまうので、注意が必要です。事故を起こしやすいけれど、等級を下げたくない......という方は、等級プロテクトなどに加入しておいてください。

車両保険と免責金額

車両保険を付ける場合、免責金額をいくらに設定するかで保険料は大きく変わってきます。例えば、自己負担0円にしてしまうと、保険料は最も高くなるでしょう。しかし、自己負担額を(例えば)10万円に設定すれば、免責金額0円よりも安い保険料で澄むのです。コストパフォーマンスを重視するのなら、車両保険を考える必要があるでしょう。

価格を安くするには、思い切って車両保険をナシにする?

以上のように、保険料を安くするには思い切って「車両保険ナシ」という選択も残っています。車両保険をナシにすれば、その分保険料が大幅に安くすることができるのです。

自動車保険の用語・車両料率って何?

車両料率とは、車両保険に欠かせない用語のひとつです。実は、車両保険の保険料は、それぞれ「車両料率クラス」と呼ばれる、自動車の等級によって、保険料を決定しているのです。

一例を挙げると、スズキジムニー1300が1.0倍の車両料率なのに対し、フェラーリF355の車両料率は4.1倍高くなるのです。保険会社でこれらの率はチェック出来るので、必ず保険の加入前に確認しておいておきまちょう。

更新情報

2014年5月16日
自動車保険の年齢制限|20歳未満は臨時運転者特約も有り
2014年5月16日
車両保険ってどのくらい高いの?会社によっても2倍以上の差
2014年5月16日
自動車保険を安くするには、車両保険に入らない選択もありかも!?
2014年5月16日
一番安い自動車保険はリスク分散型の自動車保険
2014年5月16日
自動車任意保険は無料の一括見積もりで必ず安く